ストレッチはもう手遅れになっている

紫外線の影響が大きくならないように、目やお肌をガードするにはどうすればいいでしょう。紫外線対策は一年中した方が良いとされていますが、春から夏にかけては特に紫外線が強くなります。紫外線を長時間浴びていると、しみやしわが増えたり、そばかすが消えなくなったりします。紫外線が要因となって皮膚がんの症状を引き起こすこともあるといいますので、紫外線対策はとても大事です。紫外線が皮膚に到達する前にカットする手段として、日やけ止めクリームを使う人は多いようです。日やけ止めクリームはPAやSPFという数字があり、どのくらい紫外線をカットするかがわかります。SPFは、紫外線B波から皮膚をガードする指数で、肌のシミやそばかすに対する予防効果があります。これを塗ると何も塗らない時に比べ、皮膚が赤くなるの時間を遅らせるという意味です。日焼けによって皮膚が黒くなり、保湿力を失ってしわが増える紫外線A波を遮るものがPAです。UVカット効果が99%にもなっているような帽子も販売されていますので、紫外線対策にぴったりです。日焼けしやすく、ケアが後回しになりがちの部位に、頭皮や髪の毛があります。紫外線が目へと届きにくい、つばの広い帽子を使うことで、首の周囲に来るはずの紫外線を遮断することが可能です。